審査される対象と審査後の流れ

daruma01_l法治国家においては、さまざまなルールが定められていて、誰もがルールを守りながら生活していく必要があります。しかし、そのルールは1つに限られているわけではありません。定めている機関が多数あり、それぞれのルールには序列が存在しているのです。どのルールが優先するのかを正確に理解しておくようにしないと、何を守って行動すればよいのかが分からなくなってしまいます。

たとえば、最高法規として定められているものは、言うまでもなく日本国憲法です。憲法以外にも、さまざまな法令が定められていますが、憲法に適合していない定めについては、無効とされます。あらゆる法令は、憲法に適合していることが前提とされています。憲法に適合していない法令を無効とするのは、裁判所が持っている違憲審査権と呼ばれる権限です。

憲法以外の法令としては、衆議院・参議院によって定められる法律や、都道府県・市区町村などの地方議会によって定められる条例があります。序列としては、条例の方が低いとされていますが、こちらも有権者の代表によって構成される議会で定めているものなので、内容次第では優先することもあります。条例などの内容についても、違憲審査権の対象となります。

コメントは受け付けていません。