違憲審査制の基盤

違憲審査制は憲法に関連した事柄です。違憲審査制には下級裁判所も関係し、最終的な判断権は最高裁判所にあります。憲法の番人が終審として違憲問題に最後の決定を下します。憲法第81条によれば、一切の法律、命令、規則または処分が違憲審査の対象となります。法律や命令にとどまらず、人事院規則や会計検査院規則などの規則、裁判所の判決を含めた公権力による個別具体的な処分も対象となります。天皇または摂政および国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は憲法を尊重し、擁護するという義務があります。しかし、時としてこれら国家機関が憲法に違反した行為を行うことがあります。そこで国が定めた法律や行政官庁の規則や処分が憲法に違反していないかどうかを審査する権限を裁判所に認めています。これを違憲立法審査権と言います。違憲審査制の特徴としては権利義務や法律関係に関する具体的な紛争が無い場合には裁判所が抽象的に法令等の合憲性を判断する事は許されません。憲法は行政書士試験の出題科目となっています。行政書士の資格試験では憲法以外に民法や行政法、商法、会社法、基礎法学なども出題科目となっています。東京都が運営する地下鉄の沿線にある複数の大学では通信教育で法律を低廉な学費で学べます。

コメントは受け付けていません。